データを扱う機会が増えているため、データの管理方法を知っておこう

しっかり消去

データ消去サービスを上手に利用する

インターネットの普及と機能の飛躍的向上により、現在パソコンは家庭に一台から個人に一台というような環境に移り変わりつつあります。ビジネスの場面においても、顧客の管理なども簡単にでき、必須のアイテムになっていますね。パソコンが使えないと仕事にならない、そんな業種すらあるようです。 さてこの生活に欠かせない存在になったパソコン。廃棄する際に大切な顧客情報や個人の情報などのデータはどうしたら良いでしょうか。消去する、初期化する、という作業では実は完全にデータは消えてしまわないのです。この作業ではあくまでも管理情報が変更されてデータを呼び出す処理ができなくなったにすぎず、本来のデータは記録媒体上に残っています。特殊な装置やデータ復旧ソフトを使えば読み取る事ができる場合があり、大事な個人情報を盗まれたりする危険性をはらんでいます。 そこで、データ消去サービスを利用しましょう。このデータ消去サービスは、記録媒体上から完全にデータを消去し、読み取る事ができないようにしてもらえます。これで廃棄したりリサイクルする際も安心、という訳です。

便利なサービス、気になる価格相場

さて、そんなベンリなデータ消去サービスですが、一体どれくらいの価格なのでしょうか。 ハードディスクならば一台につき1000円から2000円の間、フロッピーディスクならば一本につき100円から200円というのが平均的な相場のようです。 また、一度に消去を依頼する台数や枚数に応じてその単価も変わってくるようです。また、内臓型のハードディスクよりも、外付けタイプのハードディスクのほうが平均的に値段は高くなる傾向にあります。 完全に破壊して読み取るどころか機能しない状態にしてしまえばサービスを利用する必要もなくなりますが、ハードディスクなどの記録媒体を下取りしてくれるサービスも同時に実施していたりします。リサイクル可能なものは資源の再利用の観点からも、また少しでもキャッシュバックされるのならば、有効に活用して少しでもお得になれば尚よいですよね。 このように、データ消去サービスは気になる個人情報の流出を防いでくれる、現代の情報化社会になくてはならない存在になっているといえます。安心してパソコンを活用するためにも、知っておいて損はないサービスですね。