データを扱う機会が増えているため、データの管理方法を知っておこう

原因を見つける

 windowsが起動しない理由として、様々な理由が考られますが、概ねパソコン自体が故障している場合と windowsデータの破損の二種類にわけられます。  起動しない原因がwindows側の問題である場合は、購入した際の属しているインストールディスクを使い再度インストールすることで読み込むことができます 。  パソコン側の故障の場合はhddなどwindowsを記録しているメディアの破損とマザーボード事態が壊れているため読み込みが不可能となっているなど、二種類があり、メディアの破損の場合は、新しいメディアと交換しそこにwindowsを再度インストールし、パソコンの破損の場合はパーツ交換か買い替えということになります。

 windowsが起動しないというトラブルは比較的よくあることで様々な企業やwindowsを制作販売しているマイクロソフトなどで対策マニュアルが公表されています。  また最近ではこういった些細なトラブルを専門とする小規模な処理業者も増えてきており業者によってはなんでも屋などでも、こういったトラブルをとりあつかう会社があります。  またxp世代の保証切れの古いパソコンでosが起動がしない場合に注目を集めているのが、フリーosと呼ばれる無料で配布されているosです。  xp世代のパソコンというのは、性能が今となっては古くなっているものも多く 最新型のwindowsには対応できないため、起動しない場合などは買い換えるということになるのですが、そこで低スペックのパソコンにも使えるフリーosをインストールして使う人が増えてきているのです。